B型肝炎ウイルス(HBV)とは

 B型肝炎ウイルス(以下HBV)は、比較的簡単に性感染し急性肝炎をきたすことがあり、さらに劇症肝炎に移行することもあります。いったん劇症肝炎となれば、かなりの確率で死に至る感染症です。潜伏期間(感染してから症状が出現するまでの期間)は1~6ヶ月です。

 また最近では、症状は軽度(もしくは無症状)ではあるものの、ウイルスがかなり長期間体内に残る(慢性化する)タイプのものが増えてきており問題となっています。こうなれば、将来肝硬変や肝臓ガンになるリスクが増えるばかりか、他人にうつしてしまう可能性もでてきます。

 しかし、幸なことにHBVにはすぐれたワクチンがあります。血液感染以外にも、比較的簡単に性感染するウイルスですから、全員がワクチンを接種しておくのが理想です。世界的にはほとんどの国で90年代より定期接種化されていましたが、日本では2016年9月まで「任意接種」でした。したがって、現在も日本では、医療従事者や(コンタクト)スポーツの選手などを除けば接種している人は多くないのが現状です。

 太融寺町谷口医院では、性交渉のある年齢のほとんどの方にHBVワクチン接種を推奨しています。年齢を重ねれば、それだけ抗体ができにくくなりますから、できるだけ若いうちに接種しておくことが望ましいと言えます。HBVワクチンは、副作用はほとんどありませんが、およそ半年をかけて2~3回接種しなければなりませんし、保険適用はなく全額自己負担になりますから、充分ご理解をいただいた上での接種となります。





●B型肝炎ウイルス(HBV)の抗原・抗体とは?
人の体内では、細菌やウイルスなどの異物(抗原)が体内に侵入したとき、これを攻撃する物質(抗体)がつくられます。

【HBs抗原】HBV感染の有無を判定する際に調べる。
【HBs抗体】HBs抗原に対する抗体。過去にHBVに感染したがウイルスが排除されている場
       合や、HBVワクチンを接種すると陽性(+)になる。

「HBs抗体が陽性(+)」といわれる状態は、HBVに対する免疫ができていることを示します。
HBVワクチンは体内にHBVに対する抗体を作り、HBVの感染を予防します。



●B型肝炎のワクチン接種方法
 

 初診:血液検査(抗原検査+抗体検査)、1回目のワクチン接種
 まずは、あなたがHBVに感染していないか(していたか)どうかを調べます。(これを「抗原検査」と呼びます)

 HBVを持ち続けている人のなかには母子感染によるものもあります。ですから、親族が肝臓の病気で亡くなったという人はこのウイルスを持っている可能性があります。母子感染をしていても自身が気付かないまま抗体ができて治癒していたという可能性もあります。この場合、ワクチンを接種する必要はありません。

 また、成人してから性感染などでHBVに感染したものの、自然に抗体ができて治癒していた、というケースもあります。この場合は新たにHBVに罹患することはありませんが、注意すべきことがあります。下記Q&A(3)を参照ください。

 このように、一部には自然に抗体ができておりワクチンが不要な人もいますが、ワクチンを接種する前には、原則として、ウイルスの有無(抗原検査)と抗体の有無を確認(抗体検査)しておきます。

 特に健康上に問題のない方の場合、「抗原検査+抗体検査→1回目のワクチン接種」はその日におこなえます。ワクチンは筋肉注射です。量は0.5ccです。

 当院で扱っているワクチンは日本製の2種類、「ヘプタバックス」と「ビームゲン」です。どちらも効果は同等とされていますが、ヘプタバックスはラテックスアレルギー(及びその疑いがある人)は避ける方がいいでしょう。尚、当院では未認可の輸入ワクチンは取り扱っていません。

 第2回:2回目のワクチン接種(第1回から4週間が経過した頃)
 2回目のワクチンを打ちます。1回目と同じもので、量も同じです。

 第3回:3回目のワクチン接種(第2回から5ヶ月が経過した頃)
 3回目のワクチンを打ちます。1,2回目と同じもので、量も同じです。

 第4回:血液検査(第3回から1ヶ月が経過した頃)
 抗体がつくられたかどうかを確認するため血液検査(抗体検査)をおこないます。この時点で抗体 ができる確率は約95%と言われています。(ただし年齢・性別によってこの数字は異なります。一 般的に若い女性ほど抗体ができやすい傾向にあります)

 第5回:結果報告(第4回から1~2日後)
 血液検査の報告をお伝えします。


●Q&A

(1)抗体がつくられた後、定期的にワクチンを打たなくてもいいの?

HBVワクチンを接種しても、8年程度で半数以上の人は血液検査で抗体が陰性となるとの報告があります。このため、国によってはワクチン接種数年後に、ワクチン追加接種をしているところもあります。しかし、最近では血液検査で抗体が検出されなくてもウイルスへの抵抗力は維持されているとの考え方が強くなり、当院でも原則として追加接種はおこなっていません。

ただし、免疫不全の患者さんや人工透析を受けている人などでは追加接種が必要となることもあり、患者さんの状況に応じて個別に対応するようにしています。CDC(米国疾病管理予防センター)のウェブサイトにも説明があります。下記URLを参照ください。

http://www.cdc.gov/hepatitis/hbv/hbvfaq.htm#D20


また、日本環境感染学会は、ワクチンガイドラインのなかで「ワクチン接種シリーズ後の抗体検査で免疫獲得と確認された場合は、その後の抗体検査や追加のワクチン接種は必要でない」と明記しています。(http://www.kankyokansen.org/modules/news/index.php?content_id=106


(2)HBVワクチンを3回接種したけれど、抗体がつかなければどうすればいいの?

ワクチンの製造会社をかえるという方法があります。現在国内に流通しているHBVのワクチンは2社によって製造されていますので、もう一方の製造会社のものをあらためて3回接種します。(ただし「ヘプタバックス」はラテックスアレルギー及びその疑いがある人は避けるべきです)

当院のこれまでの結果では、最初のワクチンを3回接種して抗体ができないことが2-3%、その2-3%の人に別のメーカーのワクチンを3回接種して抗体ができる人がおよそ95%です。



(3)ワクチンを接種していないのに抗体(HBs抗体)陽性で「ワクチン接種は必要ない」と言われました。気をつけることはありますか?

この場合、ほとんどのケースでは生涯何事もおこらないのですが、厳密に言えば少し注意が必要です。最近は、すぐれた抗がん剤や、リウマチの新しい治療薬(生物学的製剤)、また様々な疾患に対する優れた免疫抑制剤が使われることが増えてきており、こういった薬剤を使用すると自然治癒したはずのウイルスが再び活性化することがあります。したがって、このような薬を使う場合はあらかじめHBs抗体の有無とワクチン接種歴を確認することになります。

なぜ自然治癒したはずのウイルスが再び活性化するかというと、HBVが逆転写酵素を持っているからです。逆転写酵素というものがあると、自分の遺伝子をヒトの遺伝子に植えつけることができるのです。ヒトの免疫で駆逐されたはずのHBVは完全に死滅したのではなく、実はヒトの遺伝子のなかに潜り込んで生きていたというわけです。ですから、従来は、「抗体(HBs抗体)が形成されていれば二度とB型肝炎の心配をする必要はありませんよ」、という説明でよかったのですが、最近では、免疫を抑える薬を使用する際には、過去のHBV感染についても考慮しなければならなくなったのです。尚、逆転写酵素をもつウイルスは他にHIVとHTLV-1が有名です。



2017年3月22日
太融寺町谷口医院
院長 谷口恭