医療ニュース

2011年1月9日(日) 飲酒→睡眠→運転はキケン!

 飲酒後に睡眠を取ると、アルコールの吸収や分解が大幅に遅れる・・・。

 これは国立病院機構久里浜アルコール症センターと札幌医科大の共同研究により導かれた結果です。(報道は1月6日の読売新聞)

 報道によりますと、この研究は、札幌医科大で2010年3月、20代の男女計24人を対象におこなわれています。体重1キロ当たり0.75グラムのアルコール(注)を摂取してもらい、直後に4時間の睡眠をとるグループとまったく睡眠をとらないグループにわけて呼気中のアルコール濃度を計測しています。

 その結果、睡眠をとったグループの呼気中アルコール濃度は、睡眠をとらないグループのものに比べ約2倍もあったそうです。これについて研究者らは、「睡眠により、アルコールを吸収する腸の働きと分解する肝臓の活動が弱まった可能性が高い」、と分析しています。

 また、海外の研究では、「アルコール分解後、少なくとも3時間は運転技能が低下する」というものがあるそうです。今回の研究者らは、「飲酒後に、仮眠を取ったから大丈夫、と考えるのは危険。酔いがさめても、すぐには正確な運転ができない」と指摘しています。

***********

 飲酒後は眠たくなるという人は少なくありません。もしも飲酒後、数時間起きていて、「酔いが覚めたから車で帰ろう」とすると、運転中に眠たくなる可能性があります。一方、今回の研究が示しているように、飲酒後に眠るとアルコールが分解されずに運転技能が低下する、とすると・・・。

 結局のところ、お酒を飲んだ後は、起きていようが寝ようが、充分な時間(半日くらいは必要でしょうか)が経過するまでは運転はすべきでない、ということになります。

注:例えば、体重60キロとすると、60x0.75=45グラムとなり、これはビールであればおよそ1リットル、日本酒であれば1.6合に相当します。

(谷口恭)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ

新着情報

一覧を見る

2018/09/25

本日(9/25)の14時までの予約診察は若干空きがございます。ご希望の方は電話(06-6364-41477)にて予約をお取りいたします。