医療ニュース

2008年3月3日(月) 米国のインフルエンザ予防接種、18歳まで義務化の見込み

CDC(米国疾病管理局)の予防接種諮問委員会は、2月27日、生後6ヶ月から18歳までのすべての子供にインフルエンザの予防接種を毎年受けさせるべきとの勧告を可決しました。(報道は2月28日の共同通信)

 現行では、6ヶ月から5歳未満の子供と50歳以上が対象ですが、5歳以上の子供も毎年数十人が死亡している事実を受け、18歳まで拡大するのが適切と考えられました。実施後は、全米で約3千万人が新たな対象となります。

 CDCによりますと、全米で毎年人口の5-20%がインフルエンザにかかり、約3万6千人が死亡しています。死亡者のほとんどは高齢者ですが、今季は22人の子供が既に死亡しているそうです。

***********

 日本の行政はこのような勧告をおこないませんから、ワクチンの重要性は個人が認識するしかありません。タミフル耐性のインフルエンザの報告もみられるようになりましたし、今一度ワクチンの重要性を再考すべきでしょう。

(谷口恭)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ

新着情報

一覧を見る

2018/05/16

2018年4月17日より本ページで予告していましたように、2018年5月16日より麻疹風疹混合ワクチンの接種は、当院をかかりつけ医にしている方(及び当院に一度でも受診したことのある方)に限定させていただきます。