医療ニュース

2012年3月13日(火) ビタミンE過剰摂取で骨粗しょう症に

 ビタミンEの取りすぎで骨粗しょう症に・・・。

 サプリメント愛好家にはショッキングなこの研究は日本人によるものです。慶応大学の竹田秀(Shu Takeda)氏らの論文が医学誌『Nature Medicine』2012年3月4日号(オンライン版)に掲載され話題を呼んでいます(注1)。
 
 この研究の概略を紹介すると、ラットに通常のビタミンE摂取量の5倍にあたる量を8週間与えたところ、破骨細胞という骨を壊す働きのある細胞が活性化し、骨を壊す働きが4割強まったそうです。正常のラットと比較すると骨量が減少して骨粗しょう症になっていたとのことです。
 
 研究者によると、今回のラットの実験に用いたビタミンEの量は、ヒトに換算すると1,000mgに相当するそうです。

*************

 骨のイメージからは、皮膚や筋肉のように細胞分裂をしているというのは想像しにくいですが、実際には、骨をつくる「骨芽細胞」という細胞が次から次へ新しい骨をつくり、骨を壊す「破骨細胞」という細胞がせっせと骨を壊していって、全体としてバランスがとれています。骨芽細胞が骨をつくるのをサボっても、破骨細胞ががんばりすぎても、結果として骨がもろくなり骨粗しょう症が起こります。今回の研究では、ビタミンEを摂りすぎることで破骨細胞が働きすぎて、結果として骨粗しょう症がおこってしまうというものです。
 
 しかし、ビタミンE1,000mgというのはそれほど過剰とは思えない量です。厚生労働省が定めるビタミンEの摂取上限は、年代・性別で異なりますが、最大は30~49歳の男性で1日当たり900ミリグラムとされています(注2)。これから考えると1,000mgというのは、通常の食事からでも摂れる程度のものであり、少しのサプリメントで簡単に超えてしまう可能性があります。
 
 ビタミンEは90年代の頃は「若返りサプリメント」として脚光をあびていましたが、最近では発ガンリスクも指摘されていますし(下記医療ニュース参照)、以前は心臓疾患を予防すると言われていましたが、実際には予防どころかビタミンEのサプリメントが逆にリスクになるとの研究もあります。さらに骨粗しょう症のリスクがあるとなれば、ビタミンEを食事からしっかり摂るべきことには変わりありませんが、サプリメントを飲む意味はもはやないのではないでしょうか。
 
(谷口恭)

注1:この論文のタイトルは、「Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion」で、下記のURLで概要を読むことができます。
 
http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/full/nm.2659.html


注2:独立行政法人国立健康・栄養研究所が運営している「「健康食品」の安全性・有効性情報」というサイトに、1日あたりの摂取量などを含むビタミンEに関する詳しいことが書かれています。下記URLを参照ください。
 
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail176.html

参考:医療ニュース
2011年11月14日 「ビタミンEの発ガンリスク」
2011年8月26日 「ビタミン剤で発ガンのリスク上昇」

  • RSS配信
  • RSSヘルプ

新着情報

一覧を見る

2018/09/25

本日(9/25)の14時までの予約診察は若干空きがございます。ご希望の方は電話(06-6364-41477)にて予約をお取りいたします。