性感染症検査の費用

性感染症検査にかかる費用(性感染症)


●検査料金以外に診察代がかかります。

●同日に結果を聞かれる場合は17時59分まで(項目によっては午前中)に受付をして頂く必要があります。

●検査には様々な方法があります。どのような検査が適しているかは診察によって決まります。

●最近、性病検査の依頼が増加していますが、一部の保健所などで実施されている無料検査をまずは検討ください。また、当院のような総合診療のクリニックよりも性病科(または性病中心の施設)などの方が費用が安い可能性があります。



  ■ 血液検査


①HIV抗原抗体3,980円(自費、消費税込み)
②梅毒(TPHA定性、RPR定性)3,980円(自費、消費税込み)
③B型肝炎(HBs抗原) 2,000円(自費、消費税込み)
④B型肝炎(HBs抗体)2,000円(自費、消費税込み)
⑤C型肝炎 3,000円(自費、消費税込み)
  
まとめて検査をしたとき(税込み価格)

 HIV抗原抗体+梅毒+B型肝炎+C型肝炎 (12,960円→10,800円
 ►HIV抗原抗体+梅毒+B型肝炎+C型肝炎+HBs抗体(14,960円→12,000円
 ►HIV抗原抗体+梅毒  (7,960円→6,980円

注意:下記の検査は結果をお伝えするのは後日になります。(検査結果を電話やメールでお伝えすることはできません。必ず受診していただく必要があります

 ・HIVのNAT(PCR)                               15,000円(自費、消費税込み)
 ・HBV(B型肝炎ウイルス)のNAT(PCR)           9,240円(自費、消費税込み)
 ヘルペス抗体検査(IgG抗体)                       5,430円(自費、消費税込み)

 ・HTLV-1抗体                                       4,000円(自費、消費税込み)

 ・HPVハイリスク型・ローリスク型 それぞれ部位ごとに 7,560円(自費、消費税込み)    
 ・HCV(C型肝炎ウイルス)のNAT(PCR)           8,750円(自費、消費税込み)
 ・HCV抗原コア蛋白                        4,000円(自費、消費税込み)
 ・エキノコックス抗体(ELISA法)                5,400円(自費、消費税込み) 
 ・マイコプラズマ・ジェニタリウム+マイコプラズマ・ホミニス+  18,000円(自費、消費税込み)
 ウレアプラズマ・ウレアリチカム+ウレアプラズマ・パルバム  (この検査は初診時にはできません)
       

                  B型肝炎とC型肝炎の無料検査について   》》》


 ■ 淋病及び性器クラミジア感染症の検査


◎PCR法(保険適用にならない場合もあります)

〇検査部位

男性(尿道、咽頭、他:尿あるいは尿道スワブ及び咽頭スワブで検査をおこないます。
女性(
咽頭、子宮頸部、他:咽頭スワブ及び子宮頸部スワブ、さらに帯下を用いて検査をおこないます。

〇結果が出るまでの時間
・13:15までの受付 → 同日の17:30以降
・13:16からの受付 → 翌日の12:00以降

〇保険適用になるのは、次の条件を満たしているときのみです。
①自覚症状があり、なおかつ他覚的にその症状から感染が疑えるとき
②男性は尿(尿道)のみ、女性は子宮頸部のみ
③目安として3か月以内に同じ検査を(他院での検査も含めて)受けていないとき

(保険診療での検査で陽性となり治療を受けた場合の治癒確認検査は保険適用となります)

〇次の場合は自費(淋菌+クラミジア:7,980円、いずれか一方:6,980円、+診察代)になります。
①自覚症状がないとき(健康診断的な検査の扱いとなります)
②複数の部位の検査を同時におこなうとき
③同じ検査を(目安として)3か月以内に受けているとき(治癒確認検査を除く)


*PCR法で男性が複数の部位を調べる場合、尿検査でなく尿道スワブが必要となります(少々痛みが伴います)。


◎IC法(原則として自費診療になります)
 
・PCR法に比べて精度が劣るため勧めることはあまりありません。
・17:59までに受付をされた場合、同日に結果がでます。
・ 費用は、淋菌+クラミジア:7,980円、いずれか一方:6,980円、+診察代です。

☆淋病の検査方法の比較


 結果がでるまでの時間検査までにあけなければならない期間の目安
顕微鏡検査(グラム染色)1時間から翌日正午2~7日間
IC法(原則自費)2時間から翌朝2~7日間(原則自費)
PCR法(推薦)同日から翌日正午1~5日間
培養法7~10日2~14日間


☆クラミジアの検査法の比較

  結果が出るまでの時間 検査までにあけなければならない期間の目安
IC法(原則自費)2時間から翌日正午7~21日間(原則自費)
PCR法(推薦)同日から翌日正午4~7日間


注意:

検査方法やどのような場合に保険適用となるかなども含めて、原則としてご質問には電話で回答することができません。ご質問のある方はメールでお願いします。

●当院でできる検査と費用はここに述べた通りです。専門的な検査を希望される場合や費用をもっと安くしたい場合は、当院のような総合診療のクリニックではなく、性病科や性感染症を中心に診ているクリニックなどに直接ご相談ください。



2018年7月26更新